==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


介護制度関係 /  介護資格 /  介護の仕事 /  介護サービス /  介護の必要な病気 /  話題 / 
介護施設 /  介護サービスの手続き /  補聴器 /  福祉の仕事 /  後期高齢者医療制度 / 

社会 福祉 主事 通信 教育



◆在宅介護の『 社会 福祉 主事 通信 教育 』について紹介します。◆


社会 福祉 主事 通信 教育

今の日本は、世界で一番の高齢化社会を迎えているといわれています。
これに伴い、政府は国民のための住みやすい日本の有り方を真剣に求められています。
福祉政策の現場の最前線で働く職場に、社会福祉主事が位置づけられます。

この資格は、20歳以上で、人格が高潔で、思慮が円熟し、社会福祉の増進に熱意を持っている者であり、さらに、

@大学などで厚生労働大臣が指定する社会福祉に関する科目34科目のうちいずれか3科目以上履修し卒業し
A厚生労働大臣が指定する養成機関(専門学校等)または、講習会の課程を修了した
B厚生労働大臣が指定する社会福祉事業従事者試験に合格したのいづれかに該当する者にあたえられる「任用資格」です。

これは、日本の一部の大学に設置されている「通信教育課程」でも、取得する道が開かれています。
その中で、実績があるので知られているのは、「中央福祉学院」「日本社会事業大学」でしょう。

1年制の通信教育課程があり、決められた単位を取得すると、「社会福祉主事任用資格」が取得できます。

今の日本が抱えている福祉充実という課題に応えるためでしょうか、これ以外にも、通信教育で「社会福祉主事任用資格」が取得できる大学が増えてきています。

大阪芸術大学短期大学部 、吉備国際大学大学院 、九州保健福祉大学 、九州保健福祉大学大学院 、近畿大学九州短期大学 、近畿大学豊岡短期大学 、星槎大学 、聖徳大学 、聖徳大学短期大学部 、第一福祉大学 、中部学院大学 、帝京平成大学 、東京福祉大学 、東京福祉大学短期大学部 、東京未来大学 、東北福祉大学 、日本福祉大学 、佛教大学 などで通信教育で「社会福祉主事任用資格」が取得できるようです。
ですが、大学によれば、入学の条件として、社会福祉事業の職場(公務員を除く)に、受講期間中勤務することを規定する場合も有りますので、入学案内を良く見た上で、申し込む必要があります。
また、大学によっては、1年制出ないところもあるようですから、これも良く調べて決められることをお薦めします。


posted by 介護士もどき at 22:12 | 福祉の仕事

社会 福祉 主事 任用 資格



◆在宅介護の『 社会 福祉 主事 任用 資格 』について紹介します。◆


社会 福祉 主事 任用 資格


高齢化、格差社会を迎えた日本においては、益々、社会的弱者が増加傾向にあり、福祉援助を求める人が増えてくると思われます。
この立場の人に直接、関わりを持ってくるのが、社会福祉主事といわれる人であります。
社会福祉主事とは、社会福祉法第19条によって規定された「任用資格」です。
任用資格とは、公務員として採用された後で、特定の業務に任用されるときに必要となる資格であり、任用されて初めてその資格を名乗ることができる資格です。

この社会福祉主事任用資格を取得するには、 いくつかの方法があります。

厚生労働省ホームページにおいては、
・大学等において社会福祉に関する科目を3科目以上修めて卒業した者
・全社協中央福祉学院、日本社会事業学校通信教育科(通信1年)で課程を修了した者
・都道府県講習会(国立武蔵野学院、国立秩父学院含む)で課程を修了した者
・養成機関(通学2年以上)で課程を修了した者
・社会福祉士、精神保健福祉士を取得した者に対して、「社会福祉主事任用資格」を与えるとしています。

任用資格は、指定科目の履修で得ることができます。

社会福祉主事任用資格の必要な職種としては、行政の福祉事務所における現業員、査察指導員、老人福祉指導主事、家庭児童福祉主事[児童福祉事業従事2年以上等]、家庭相談員[児童福祉事業従事2年以上等]、母子相談員であり、行政の各種相談所における、知的障害者福祉司[知的障害者福祉事業従事2年以上等]、身体障害者福祉司[身体障害者福祉事業従事2年以上等]、児童福祉司[児童福祉事業従事2年以上等]であり、社会福祉施設の施設長、生活指導員 等があります。


posted by 介護士もどき at 22:09 | 福祉の仕事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。